若ハゲ講座!若ハゲの原因とその対策を知りましょう

中高年になると増えてくる脱毛症の悩みですが、20代や30代の段階ですでに薄毛が著しく進行している人もいます。このような若年層の脱毛症を一般では若ハゲという様に呼びます。

若ハゲの原因は?

遺伝

若ハゲの原因を見てみると、まず最たるものは遺伝が考えられます。
両親、祖父母に薄毛の人が多いと自分も将来薄毛になる可能性は高くなります。これはAGAの原因物質のジヒドロテストステロンに対する感受性の高い遺伝が関係していると言われています。ただし遺伝だけでなく、それ以外にも生活環境による要因も無視できません。

過度のヘアケア

若ハゲの中でも多いのが、過度なヘアケアによる脱毛症です。
若い男性の中には、外見をかなり気にする人もいます。そこでヘアスタイルもかなり凝ったものにしたがる人もおり、パーマやブリーチ、カラーリングを好む人もたくさんいます。しかしパーマやカラーリングは薬剤を使ってスタイリングをするため、どうしても髪の毛や頭皮にかかる負担が大きくなります。

一度や二度では関係なくても繰り返し負担をかけることで結果として若いうちから頭皮が透けて見えるような状態になりやすくなる場合もあります。

ストレスや生活習慣

その他にもストレスが過剰に溜まっている、寝不足、偏った食事をとっているなどの生活習慣も薄毛の原因となりえます。

若ハゲ対策にはどんなものがあるの?

若ハゲ対策を始めるには、まずは生活習慣を見直すことが大事です。
生活習慣は直接的な原因ではないものの、薄毛に関係している可能性も高い、見落とせない部分です。

そのため、まずは早寝早起きを意識することが大事です。その他には食事の栄養バランスも見直してみましょう。肉料理や揚げ物など脂っこい料理ばかり食べていると皮脂の分泌が過剰になって、頭皮の毛穴に詰まりを起こしてしまう可能性も高まります。

あまり脂っこい食べ物ばかり食べない、野菜や果物も意識して食べることを心がけましょう。

ストレスに関しては、仕事や人間関係などでゼロにするのは難しいです。なので趣味に没頭できる時間を作るなど、適度にストレス発散できるような機会を積極的に作るようにしましょう。

早めの対策も重要

頭皮ケアを早め早めに行うことも、若ハゲを進行させないためにも大事です。
まずはシャンプーで頭皮の汚れや余計な皮脂をしっかり洗い流すことです。この時爪を立ててゴシゴシ強い力で洗ってしまうと、頭皮をかえって傷つけてしまいます。

指の腹を使って優しく洗うように心がけましょう。
その上で、育毛・発毛剤を使うことです。特にミノキシジルの配合されている発毛剤は、発毛効果が高く期待されます。ただし即効性はないので一回使い出したら半年くらいは様子を見ながら使い続ける必要があります。脱毛症は軽度・早期の段階で始めた方が、より高い効果が期待できます。

薄毛の気になる若い人は、早めに対策を講じましょう。